全員がSustainableを訴える現代社会において、それは良い意味で競争資源としての価値を失ってゆくべきと考えます。Sustainableである事は当然で、更にどのような価値を提供できるのかを問える研究を心掛けています

 2019 by T. Masuda (JAIST)